艶つや習慣 使い方

オススメ使い方をご紹介

艶つや習慣で、より効果的にスキンケアやイボのケアを進めていきたいなら、使い方を正しくマスターするのが一番の近道!

 

量をケチっていませんか?

 

より効果的な使い方を実践してみたくなりませんか?

 

こちらでは艶つや習慣の使い方についてまとめてみました。

 

 

艶つや習慣は洗顔後、キレイになったお肌に使っていきます。

 

使う適量は”さくらんぼ一粒大”です。

 

一度になじませてもいいですが、何回かに分けて重ね付けする際にも、これを目安にしていきましょう。

 

付ける時は、直接顔に乗せていくのではなく、手のひらで一度伸ばすのがオススメ。

 

手の温度でジェルがより馴染みやすくなりますし、肌への負担も少なくなります。

 

顔の下から上へ向かって、引き上げるようになじませるのがポイント。

 

たるみやほうれい線対策になります。

 

顔だけでなく体にも、乾燥が気になる部分にサッとなじませると保湿ができます。

 

伸びが良くべたつかないので、すぐに服を着ても不快感がないのが特徴です。

 

 

これが基本的な使い方ですが、もっと効果的な使い方もあるんです。

 

それが、週に1〜2日行う、「艶つや習慣パック」です。

 

メイクを落とした後、お風呂でジェルを塗ります。

 

この時の量は、スキンケアをするときよりも多めの”ピンポン玉大”が目安。

 

いつもよりも厚めに顔に乗せるのがポイントです。

 

そして塗った後は、そのまま湯船に浸かります。

 

ジェルが垂れてくる心配はありません。

 

だいたい10分ほど湯船で温まったら、毛穴がしっかりと開いてそこに保湿成分が行き渡るので、ぬるめのお湯で洗い流しましょう。

 

この時、強い力で擦るのはNGです。

 

たるみやシワの原因となってしまいます。

 

あくまでも優しく洗い流すようにしましょう。

 

洗い流した後は、普段通りスキンケアを行えばOK。

 

きっと、肌の感触の違いに驚くこと間違いなしでしょう。

 

 

こんな使い方もできるんだ!と興味がわいてきたら、まずはお得な定期便でスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

関連ページ

艶つや習慣の肌への効果はどんなもの?
艶つや習慣を使うことで、どんな効果が期待できるのでしょうか。その万能ともいえる艶つや習慣の効果の数々はこちら!
その成分は安全?調べてみました
艶つや習慣の主な成分の情報です。艶つや習慣の成分の安全性についても合わせてまとめています。
イボやざらつきに効果が出るヒミツ
艶つや習慣がイボのケアに効く秘密をご紹介。イボができる原因も合わせてご紹介しているので、艶つや習慣できちんとケアをしましょう。